美容のために使いたい人が知っておくべきレチンAクリームの効果

肌がきれいなので嬉しくなる女性

手軽に高い美白効果のある美容クリームを利用したいという方を中心に、人気が高くなってきているのがレチンAクリームです。このレチンAクリームはタイで販売されている美白クリームで、美白効果の高いトレチノインやハイドロキノンのそれぞれの成分が配合されていることや、含有量が多いことから、タイ旅行のお土産としても人気が高くなっている特徴があります。

トレチノインが0.05%含有されており、シミの目立つ部分に使用することでトレチノインのピーリング効果によって肌の再生を促し、シミやしわといった肌トラブルを改善することが可能だと注目されています。実際にレチンAクリームを使用して効果を実感するまでにかかる期間は、約2~3週間だといわれています。シミやシワの状態にもよりますが、クリームを使用して肌の調子を見ながら、6週間以上の使用で効果を実感出来たという声も少なくありません。

日本国内では個人輸入通販サイトを利用して購入する方法が一般的で、誰でも気軽に普段のスキンケアに取り入れることが出来ます。しかしレチンAクリームを利用する場合は、安全に使用するためにもきちんとした注意点を理解しておく必要があります。クリームに含まれているトレチノインやハイドロキノンは、肌の古い角質を排出させる働きを持っていることから、肌に使用すると刺激を感じて軽度の日焼けと同様に赤みや痛みを感じる可能性があります。敏感肌の方などはクリームを塗布した部分に温かさや、ヒリヒリとした痛みの感覚が出る可能性があるので、肌が慣れないうちは、夜就寝前に使用する方法がおすすめです。

クリームを継続して使用していくと、だんだん肌への刺激は少なくなってくるので、問題がないと判断したら朝と夜の2回に使用回数を増やすようにしましょう。正しい使用方法としては、クリームを塗布する前に顔全体を洗顔料や石鹸を利用して汚れを落としておきます。洗顔をして肌を清潔な状態にしたら、普段使用している化粧水で肌にたっぷり保湿を行い、その後に適量のレチンAクリームを塗布していきます。この時クリームはシミの部分とその周りに薄く塗り拡げるようにすることがポイントです。

夜にクリームを使用した後の肌は、通常よりも刺激に弱い状態になっているので、外出する際には念入りに日焼け止めクリームなどを使用し、紫外線から肌をしっかり守るようにしましょう。また肌自体も乾燥しやすいので、こまめに保湿を行うことも欠かせません。

関連記事
シミを消したいときにレーザー治療をすると費用はどのくらいかかる? 2020年06月29日

肌に出来るシミの状態は、人によって全く異なり、表面的な部分にメラニン色素が色素沈着をしている状態であれば、美白医薬品やピーリングケアなどを行うことで、ターンオーバーを促進させてあげることで改善することが可能です。しかし皮膚の真皮部分にあたる深い場所で色素沈着をしてしまっている場合は、どんなに表面的な...

対策する前に確認しておきたいシミとそばかすの具体的な違いとは 2020年05月31日

肌に出来る色素沈着は、非常に目立ちやすいためどうにかして美白ケアを行いたいと考えている方は増えてきています。ただ自分の肌に出来ている色素沈着がシミなのか、そばかすなのかきちんと違いを理解出来ていない方も多く、シミとそばかすの違いをきちんと知ることで、それぞれに必要とされる適切な対策をとることが出来る...

ビタミンC誘導体がシミに対して改善の効果を示すメカニズムについて 2020年05月02日

ビタミンC誘導体が配合されたスキンケア化粧品を見る機会が増えたという方は多いですが、実際にどのような美容効果が得られるのか知らないという方は少なくありません。ビタミンC誘導体とはビタミンCを肌に浸透しやすく改良した成分で、厚生労働省に効果が認めている美白成分の1つといわれています。厚生労働省が薬用美...

よく使われているヒルドイドはどうやって保湿効果を発揮しているのか 2020年04月02日

ヒルドイドはアトピー性皮膚炎による肌の乾燥を改善する方法として、治療を目的とした医薬品として医療機関から処方されています。最近では美容目的の利用が増えてきているなど、高い保湿効果に注目する方が増えてきています。ヒルドイドはマルホ株式会社で製造販売されている医薬品で、主成分にヘパリン類似物質を配合して...

トレチノインとハイドロキノンを併用する効果について知っておこう 2020年03月27日

美容皮膚科クリニックで実際に美白治療を受ける際に、実際に行われているのがトレチノインとハイドロキノンを併用する方法です。トレチノインはビタミンAの誘導体であり、ニキビやしわの治療薬として使用されています。日本の厚生労働省では認可がされていないため、国内で利用するためには医師の院内製剤か個人輸入でのみ...