ビタミンC誘導体がシミに対して改善の効果を示すメカニズムについて

ビタミンC誘導体が配合されたスキンケア化粧品を見る機会が増えたという方は多いですが、実際にどのような美容効果が得られるのか知らないという方は少なくありません。ビタミンC誘導体とはビタミンCを肌に浸透しやすく改良した成分で、厚生労働省に効果が認めている美白成分の1つといわれています。厚生労働省が薬用美白成分を認めたことから、ビタミンC誘導体を配合した化粧品は医薬部外品に分類され、市販されている美白化粧品よりも高い美肌効果を得ることが出来ます。

ビタミンC誘導体の作用には、シミの元となるメラニン色素を生成を抑える効果や抗酸化作用、抗炎症作用や皮脂分泌の抑制や皮膚内部のコラーゲン合成を促す作用などが挙げられます。特に年齢を重ねると目立ちやすくなってくるシミを未然に予防する効き目が期待されており、若い時からビタミンC誘導体が配合された化粧品を使用するかしないかによって、年齢を重ねた後の肌の状態が大きく異なると考えられています。

シミが出来る原因は紫外線にあるとされ、紫外線を浴びた皮膚は基底層にあるメラノサイトでメラニン色素が生成される状態が活性化しやすくなります。紫外線による刺激を受けたメラノサイト内では、チロシナーゼによりメラニン色素に変化する働きがあります。このメラニン色素が色素沈着してしまうことで、肌に消えないシミが出来てしまうため、ビタミンC誘導体を事前に肌に浸透させればチロシナーゼの働きを阻害してこれを防ぐことが出来ます。ただビタミンC誘導体の美白効果は、シミが出来るのを予防する働きなので既に肌にシミが出来てしまっている状態を薄くしたり、きれいに無くす効果を得ることは出来ません。しかし肌に出来た薄いシミをこれ以上濃くしたくないという場合には、初期の薄い色のままで進行しないように状態を留める効果は期待できます。

シミの予防の他には、コラーゲン合成を促す作用がシワの悪化を食い止める効果が期待されています。通常シワは肌の老化により真皮部分にあるコラーゲン量が低下することで、真皮が崩れてハリを保つことが出来なくなってしまいます。ビタミンC誘導体を含む化粧品でお手入れを行うことで、コラーゲン合成を促したるみを防いで、ピンとハリのあるきれいな肌を維持できるようになります。この美容効果からシミやシワといった肌トラブルに悩んでいる方にとって、強い味方となってくれる美容成分として注目されているのです。

関連記事
シミを消したいときにレーザー治療をすると費用はどのくらいかかる? 2020年06月29日

肌に出来るシミの状態は、人によって全く異なり、表面的な部分にメラニン色素が色素沈着をしている状態であれば、美白医薬品やピーリングケアなどを行うことで、ターンオーバーを促進させてあげることで改善することが可能です。しかし皮膚の真皮部分にあたる深い場所で色素沈着をしてしまっている場合は、どんなに表面的な...

対策する前に確認しておきたいシミとそばかすの具体的な違いとは 2020年05月31日

肌に出来る色素沈着は、非常に目立ちやすいためどうにかして美白ケアを行いたいと考えている方は増えてきています。ただ自分の肌に出来ている色素沈着がシミなのか、そばかすなのかきちんと違いを理解出来ていない方も多く、シミとそばかすの違いをきちんと知ることで、それぞれに必要とされる適切な対策をとることが出来る...

よく使われているヒルドイドはどうやって保湿効果を発揮しているのか 2020年04月02日

ヒルドイドはアトピー性皮膚炎による肌の乾燥を改善する方法として、治療を目的とした医薬品として医療機関から処方されています。最近では美容目的の利用が増えてきているなど、高い保湿効果に注目する方が増えてきています。ヒルドイドはマルホ株式会社で製造販売されている医薬品で、主成分にヘパリン類似物質を配合して...

美容のために使いたい人が知っておくべきレチンAクリームの効果 2020年03月30日

手軽に高い美白効果のある美容クリームを利用したいという方を中心に、人気が高くなってきているのがレチンAクリームです。このレチンAクリームはタイで販売されている美白クリームで、美白効果の高いトレチノインやハイドロキノンのそれぞれの成分が配合されていることや、含有量が多いことから、タイ旅行のお土産として...

トレチノインとハイドロキノンを併用する効果について知っておこう 2020年03月27日

美容皮膚科クリニックで実際に美白治療を受ける際に、実際に行われているのがトレチノインとハイドロキノンを併用する方法です。トレチノインはビタミンAの誘導体であり、ニキビやしわの治療薬として使用されています。日本の厚生労働省では認可がされていないため、国内で利用するためには医師の院内製剤か個人輸入でのみ...